忍者ブログ

DOZO先生の銅像教育日記

銅像教育を研究していきます。 銅像教育研究家~時空を超えた感化~

映画『ビリギャル』をNLPの視点で分析すると

1年間をかけてNLP講座を受講しています。毎回「わくわくチャレンジ」ということで、次回までに取り組むお題が出ます。今回は「映画『ビリギャル』をNLPの視点で分析すると」というテーマで原稿用紙10枚に手書きで書くというものでした。手書きで長文を書いたのは久しぶりです。手書きのよさを改めて感じることできました。そして、受講生10名以上の作文が続々と投稿されてきます。読むだけで大きな学びになっています。私は、このNLPの学びをいつか道徳授業と結び付けて発信しようと考えています。授業も脳科学の視点も取り入れて語る時代になったのだと思っています。授業の方法や小さなスキルが脳科学と連動したとき、本当に大きな成果が出るのだと思っています。これからの研究分野なので、どんな成果が出るのか、わくわくがとまりません。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
マルコ
性別:
非公開