忍者ブログ

marushinteacherの銅像教育日記

銅像教育を研究していきます。 銅像教育研究家~時空を超えた感化~ 教育サークルREDS大阪代表

【「子どもたちが放課後まで泣き止みませんでした 2」】山中先生より

山中先生より、またまたメーリングリストへ投稿していただきました。


前回の「放課後まで子どもたちが泣き止まなかった」というあの話です。

運動会・学習発表会・作品展などなど…。

2学期は多くの学校で大きな学校行事が予定されているのではないでしょうか?

もちろん、3学期でも、来年でも役立つ内容です。

いよいよ1週間前となりました。

まだまだお申込み受け付けております。

ぜひ、ご参加ください。

以下、山中先生の投稿文です。






「子どもたちが放課後まで泣き止みませんでした 2」


昨日は始業式でした。
熱い日でしたが、子どもたちは元気でした。
一気に日常がもどりますね。



さて、前回の投稿に

――――――――――――――――――――――――――――――
声も出ない、セリフも覚えて来ない、演技にも真剣味が足りない
そんな感じのふわふわとした練習が続いていました。


その子どもたちの姿を見て、がっかりして業を煮やした私は

ついに思いっきり怒鳴ってしまいました!

で、どうなったか。

当日、劇が終わった時には、女子全員が感極まって泣いていました
男子も目を赤くしてうるうるしていました。
――――――――――――――――――――――――――――――

と書きました。

こう書くと、「怒鳴った」から何かが起こった。
「怒鳴る」ことで何かが起こる。

こういう印象をもたれるかもしれません。

しかし、怒鳴ったことは単なるきっかけだったのだと思います。

子どもたちがそれからずっと何時間も泣き続けていたのには、
別の理由があるようです。

肝心なのはそちらの理由です。

それは「ストーリー思考」ではないかと考えています。



そんなこともエピソードに交えながらお話をさせていただきます。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――
感動の行事指導は誰でもできる!! ~山中流学校行事指導を一挙公開~
申込みはこちら:http://kokucheese.com/event/index/415024/
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
第36回REDSセミナー

【講師】山中伸之氏

【日時】2016年9月10日(土)10時10分 受付開始 10時30分スタート 16時30分終了予定

【会場】エル大阪 南館
    (京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m 京阪・地下鉄堺筋線「北浜駅」より東へ500m)
    http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html



-- 
――――――――――――――――――――――――――――――



丸岡 慎弥
大阪市立公立小学校 教諭
銅像教育研究家

2016.9.10栃木県より山中伸之先生をお迎えしてセミナー開催
「感動する学校行事は誰でもできる」

2016.7.16 和歌山県ビッグ愛にて、陸奥宗光シンポジウム

日本の心は銅像にあった(育鵬社)
ココが運命の分かれ道! ? 崩壊しない学級づくり 究極の選択(明治図書)
PR

コメント

プロフィール

HN:
丸岡 慎弥
性別:
非公開