忍者ブログ

marushinteacherの銅像教育日記

銅像教育を研究していきます。 銅像教育研究家~時空を超えた感化~ 教育サークルREDS大阪代表

採用試験対策だけは、いつまでも大切にしたい活動の一つ

8月14日(木)の特別例会、19時からでしたが、じつは18時から活動はスタートしていました!!

18時からは、、、「採用試験対策講座」です。


 実は「
REDS」はもともと教育採用試験対策が始まりです。


 きっかけは、ぼくが講師3年目で迎えた、組合主催の教員採用試験対策の講座。


 当時、理由はわからないけれど「講座のあとにみんなに〇〇に〇〇で面接練習をしませんか?って聞いてみたら。」と組合のスタッフの方に声をかけてもらえました。


 なぜ、ぼくが声をかけてもらったのか、未だによくわかりませんが、気がついたら前に立って(おそらく50名以上の方はいました)「〇〇に〇〇で教員採用試験の面接練習をするのでよかったら来てください。興味ある人はあとでぼくのところへ来てください。」と言っていた。


 誰かと立ち上げたわけでもない。一人も来なかったらどうするんだ。という不安な気持ちを持ちながら…。


 よくもまぁ、誰も知り合いのいない中でそんなことを言ったものだと思います。その会場での知り合いは本当に誰ひとりとしていませんでした。

 でも、縁があって5名の方と実際に練習をスタートさせました。中には大学生の子達も混ざってくれて…。本当に活気ある場になりました。

それがREDSの母体です。なので、採用試験対策だけは、いつまでも大切にしたい活動の一つです。

昨日は3名の方が練習に参加。3名ともにレベルの高い面接でした。面接では改めて「基本が大切だなぁ」と感じます。

面接の基本とはなんでしょうか。思いつくままにあげてみます。


 
姿勢-もちろん「腰立(りつよう)」です。腰を立てて座ります。起立をしている時も同じです。さらに、胸を張ることも大切です。

  返事-「はい」ではありません。「はいっ」です。「っ」を入れるのです。

  揃える-手でも足でも。揃えることができるところはキチッと揃えます。

  話法-ゆっくりと話します。話し始めた最初の部分を強く言います。

エピソード-質問の答えにはできるだけエピソードを入れます。説得力がぐっと増します。


 

 

PR

コメント

プロフィール

HN:
丸岡 慎弥
性別:
非公開