忍者ブログ

DOZO先生の銅像教育日記

銅像教育を研究していきます。 銅像教育研究家~時空を超えた感化~

変さ値を高める

平光雄先生にご指導いただいた忘れられない言葉があります。「マル(平先生は私をそう読んでくださいました)、学級の変さ値を高めろよ。変さ値は学級が安心な場所で信頼がなければ高まらんぞ。」偏差値でなく変さ値。おもしろい言葉だなぁと思ったと同時に学級作りの本質を語るお言葉だなぁと感じていました。変さ値を高めるには、それぞれの強みが必要です。昨日の前田先生セミナー第3講でも語られていました。「強みを引き出す」この大切さは学級でも職員室でもサークルでも変わりありません。ここ最近、嬉しいことがあります。サークルメンバーの変さ値がどんどん上がっていることです。あるメンバーは、とにかく行動することに目覚めました。あるメンバーは、特技を活かし「奇術教育研究家」としての道を歩み始めました。「自分の強みを少しでも活かせたら…」というメンバーもいます。もともと自分の強い信念を授業や仕事に反映しているメンバーもいます。自分自身が日本でただ一人の銅像教育研究家です。自分でいうのもなんですが、そうとう変です(笑)同じく学ぶメンバーが、そのような変化を見せ始めていることが何より嬉しいことだと思っています。

※こちらのブログで平先生が「変さ値の高い学級」について語られている記事を取り上げておられます。
https://blog.goo.ne.jp/komamasa24goo/e/08f1e5f5e43c1aaa32fb463e331d62c0



PR

コメント

プロフィール

HN:
マルコ
性別:
非公開