忍者ブログ

marushinteacherの銅像教育日記

銅像教育を研究していきます。 銅像教育研究家~時空を超えた感化~ 教育サークルREDS大阪代表

【前回の模擬授業を見て感じたこと】

 

 前回のサークルから「教科書コピー」を使って模擬授業をしている。


 


 

 その場で3分間考え、立候補者が3分間の授業を行う。


 



 ただ3分とは言っても大人相手なので、実際の教室ですると15分程度の授業内容を扱うことになるのではないかと思う。


 



 前回の模擬授業を見て感じたこと


 




 なぜ教科書を活用しないのか




 どうしてネタ的な導入にしてしまうのか


 



 


 ということであった。教科書は、文部科学省の検定を通っている1級の資料である。これを使わない手はないと思う。


 



 教科書で授業を組み立てるとなぜいいのであろうか?以下の3点を挙げる。



 


 


1、授業が安定する。ぶれない。


 


 


 


2、準備物などが要らずその場で授業することが可能である


 


 


 


3、子どもたちに力がつく(教科書での学びなので、自分から学べることもできる。ネタは、ネタが来るのを子どもは待つしかない)


 

PR

コメント

プロフィール

HN:
丸岡 慎弥
性別:
非公開