忍者ブログ

marushinteacherの銅像教育日記

銅像教育を研究していきます。 銅像教育研究家~時空を超えた感化~ 教育サークルREDS大阪代表

【なぜ例会を始めたのか?】

本日例会があります。


どなたでも参加可能ですので、ぜひ会場へお越しください。


遅刻・早退もオッケーです☆


サークル員牧園から本日も案内が流れました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
<1>


今日、例会です


8月25日(木)19:00~21:00


阿倍野市民学習センター 第2会議室


資料はたくさん用意しました。

資料をもらいにだけでもぜひ!


<2>


先日のセミナーで仕事術や記録術について質問がありました。


サークル開始前に仕事術講座を行います。
夏休みですし、早めの参加が可能な方はぜひ


18:30~19:00 仕事術講座 時間活用術 記録術講座

----------

・ 記録方法、データの検索・活用方法、

・ 具体的な仕事術(具体的場面を聞いてもらえると具体的に答えられます)

・ 校務分掌について

・ 何か「こんなデータが欲しいです」みたいなものがあれば、皆さんでシェアします

・ 仕事術Q&A

----------

よければご参加ください。


<3>


夏休み最後(もう始まっている人もいますね)


さまざまな交流しましょう。


教科書コピーや相談などがあれば、資料もってきてください!


前に立って悩み相談するだけでも、OKです


楽しくやりましょう!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


私たちがなぜサークルを始めたのか?



先日、柴島中学校で実践発表の機会を頂いた際に、


改めて考えてみました。


やはり、


「前に立たせていただくから学ぶ」


のですね。


一人だけではこんなことはなかなか考えません。


自分も



他律的自律



で学ばせていただいていることを


強く感じます。


【なぜ例会を始めたのか?】





私たちがなぜ「REDS」というサークルを始めたのか。


それは、メンバーそれぞれが、苦労をしていたからです。


私もその一人です。


ただ当時は、先輩教師も教室に入ってくれました。


授業もしてくれます。


先輩教師が授業をすると子どもたちはしっかり学習するのです。


それもノリノリで楽しそうにします。


私がすると、ぜんぜんダメです。


ぜんぜん話を聞きません。全く授業が成り立ちません。


つまり学級崩壊です(笑)


どうしていいか全然わかりません。


なので、書店に立ち寄りました。「これは!」と思う本はすべて買いました。


いつも両手が本が入った紙袋で埋められました。


ある本に、


サークルをというものがあることが


書かれていました。


同僚も同じように書籍を読んでいたので、


いつしか「一緒に勉強しようか」となりました。それが、


サークルの出発です。


本日の例会、ぜひぜひお待ちしています。


丸岡 慎弥

大阪市立公立小学校 教諭

銅像教育研究家


2016.9.10栃木県より山中伸之先生をお迎えしてセミナー開催
「感動する学校行事は誰でもできる」

2016.7.16 和歌山県ビッグ愛にて、陸奥宗光シンポジウム

日本の心は銅像にあった(育鵬社)
ココが運命の分かれ道! ? 崩壊しない学級づくり 究極の選択(明治図書)
PR

コメント

プロフィール

HN:
丸岡 慎弥
性別:
非公開